モンスト攻略ブログ

Read Article

赤穂浪士47の評価と使い道!次回の降臨スケジュールはいつ?

今回は、赤穂浪士47の評価です。

モンストの新シリーズで登場する
降臨のモンスターですね。

いわゆる忠臣蔵のモデルとなっている
討ち入り事件の当事者のようです。

実際には、ほぼ男性だったのでしょうが、
モンストではやっぱり女性ですね笑

キャラ絵には複数の女性が描かれていますが、
ボール絵には、一人だけです。
これは何か理由があるのでしょうか・・・

さて、性能的にはいかほどなのでしょうか。

Sponsored Links
60
Sponsored Links
517→無料でオーブを増やす裏ワザとは?

入手方法

e97ca0964f396def3694355f3506bab9

出典:mixi.inc

入手方法 降臨クエスト「討ち入り気分で恋する忠臣蔵」

次回の降臨予定はいつ?

前々回 3月18日 12:00~15:00
前回 4月17日 23:00~2:00
次回 5月30日 15:00~18:00

 

討入娘 赤穂浪士47(進化合成後)

1722
出典:mixi.inc

レア度 ★★★★★★
属性
種族 サムライ
ボール 反射
タイプ バランス型
アビリティ アンチワープ
ステータス HP 攻撃力 スピード
LV極(99) 18218 17643 216.37
+上限 (3900) (6025) (76.50)
限界値 22118 23668 292.87
ストライクショット リベンジ内蔵助 ターン数:18
自身のスピードとパワーがアンプ
友情コンボ 斬撃 最大威力:2431
鋭い刃がランダムで敵を攻撃
進化素材 大獣石x30、紅獣石x10、紅獣玉x5、獣神玉x1
神化後から進化にスライド 大獣石x90、紅獣石x30、紅獣玉x15

師走アイドル赤穂浪士47(神化合成後)

1723
出典:mixi.inc

レア度 ★★★★★★
属性
種族 サムライ
ボール 反射
タイプ バランス型
アビリティ サムライキラー
ゲージ アンチワープ
ステータス HP 攻撃力 スピード
LV極(99) 17658 13462 224.17
+上限 (4200) (4600) (79.05)
限界値 21858 18062 303.22
ストライクショット 師走に恋する忠臣蔵 ターン数:15
ふれた最初の敵を乱打し、拡散弾で追い打ち
友情コンボ ホーミング 18 最大威力:3294
18発の属性弾がランダムで敵を攻撃
友情コンボ② クロスレーザー S 最大威力:2706
X字4方向に属性小レーザー攻撃
神化素材 スノーマン(♣2)
南国兄弟(♣2)
こたつむり(♣1)
冬将軍(♣1)
進化後から神化にスライド スノーマン(♣2)
南国兄弟(♣1)
こたつむり(♣1)
冬将軍(♣1)

強い点(使える点)

進化の長所

・アビリティにアンチワープを持つ点
・友情コンボに斬撃を持つ点
・自強化SSを持つ点

 
進化のアビリティを見てみると
ベースにアンチワープを
持っていますね。

他にアビリティはなく、これのみなので
ワープのみに対応することが
できます。

正直、ちょっと物足りないところではありますが
降臨キャラなので仕方ないですかね。

とりあえず、ワープだけは無視して動けるので
このギミックに合わせて
クエストを選出していく必要があります。

次はステータスを見ていきましょう。

タスカン値で見てみると
HP22118、攻撃力23668、スピード292.87
となっています。

バランス型ではありますが、やっぱりあまり高い方では
ないですね。
降臨キャラなので、仕方ないところではあります。

ただ、バランスが取れているという点
自体は評価できますね。

大きな弱点を持たないため、
足を引っ張る方ではありません。
例えばパワー型だと、鈍足で辛い場面とかも多いですからね。

それほど高い方ではありませんが、
HPも低くはないので、ptに入れやすいですね。

目立った活躍は難しそうですが
全く使えないということも、なさそうです。

次に友情コンボを
見ていきましょう。

進化赤穂浪士の友情は斬撃
所持しています。

斬撃の強みは主に2点ですかね。
HIT数を大きく稼げる点と
無属性ゆえ、ダメージが安定する点
です。

まず、斬撃はHIT数を
恐ろしいほど稼ぐことができます。

近い敵を何度も斬りつける上に、それが多段HITするため
他の友情コンボとは比較になりません。

まともに当たれば、友情だけで100HIT前後は
稼ぐことができるでしょう。

これだけHIT数を稼ぐことができれば、
ハートのわきにも大きく貢献してくれそうです。

そして、無属性であるため
ダメージも安定しています。

大体の友情コンボは、属性に依存しており
自キャラと同じ場合が多いです。

それに対して、斬撃は無属性の攻撃であるため、どんな敵に対してもダメージは一定です。
HIT数も多いため、ダメージに安定感がありますね。

対策ギミックがない点も大きいです。
レーザーバリアやホーミングと違って、
ギミックに邪魔されることもありません。

使い勝手としては、かなり良い友情コンボと言えるでしょう。

ただし、斬撃にも弱点があります。

それは射程がそれほど広くない点ですね。遠くにいる敵に対しては、攻撃が全く届きません。

ある程度、直感的に使うことはできますが
いつでも強いというわけでもないですね。

最後にSSを見てみると
自強化となっています。

自分の攻撃力とスピードを上げて、
動き回ることができます。

強い点としては、こなせる役割が
増えることでしょうか。

例えば、壁とBOSSの間にキャラがいる場合
SS発動によって、火力をより稼げるようになります。

また、ハートが厳しい位置にあった場合でも、
スピードを大きく上げられるため、
取りに行きやすくなります。

仲間をずらしたりも可能ですね。
こういった一つ一つの行動がより強くなるSSです。

効果がシンプルであるため
扱いやすいと言えるでしょう。

ただし、どうしても降臨キャラですし
倍率は高いほうではありません。

詰み状況になってしまったら、
ひっくり返すことは難しいため、この点には注意ですね。

神化の長所

・アビリティにサムライキラー、ゲージにアンチワープを持つ点
・友情コンボにサムライキラーが乗る点

 
神化の長所を見ていきましょう。

神化はアビリティが変わっており
ベースにサムライキラー、ゲージにアンチワープを持っていますね。

それぞれサムライキラーは
サムライ種族に対して1.5倍のダメージ

アンチワープは、ワープを無視して
動き回ることができます。

それぞれは大したことないアビリティですが、
両方持つことで価値が出てきますね。

ギミックとキラーを合わせれば
ギミックに邪魔されることなく
キラーを発動してくことができます。

そして、神化赤穂浪士の良い点は
このアビリティの希少性ですね。

サムライキラーを持っているキャラも少ないですし、
さらに、アンチワープを持っているキャラは、このキャラしかいません。

唯一無二の能力は重要ですね。

ただし、それだけ珍しい分
適正がほとんどありません。

今後、運営が追加してくれるのを待ちましょう。

他の長所としては、
友情にサムライキラーが
乗る点でしょうか。

ベースにサムライキラーを持っているため、
号令で弾かれた際にも、キラーが発動しますし、
友情コンボにもキラーが乗ります。

キラーキャラとしては、非常に重要な点と
言えるでしょう。

例えば、ゲージにキラーを持っている場合、
号令でも発動しませんし、
友情にも乗りません。

特に、友情に乗らないのは非常にもったいないです。
なぜならば、自キャラは4ターンに1回しか動かせないため、友情を発動する場面は多いからです。

せっかくキラーがあるのだから、
友情でもがっつり、敵を削っていきたいですからね。

ベースにキラーを持っているかどうかで
まるで火力が違います。

ただし、重力バリアに関しては
号令の関係でベースに持っておきたいところもあります。

神化赤穂浪士は、ワープのキャラなので
関係ないですけどね笑

他の長所としては、
ステータスが安定している点も
評価できます。

それぞれを見ていくと
HP21858、攻撃力(ゲージ込み)21675、スピード303.22ですかね。

進化と同じくらいでしょうか。
どれが高いというわけではありませんが、
バランスが取れています。

ちょっと攻撃力が低めですが、
キラーを持っているので
十分補っていくことができるでしょう。

バランス型で扱いやすいのは
嬉しいですね。
 

Sponsored Links
60
Sponsored Links
517→無料でオーブを増やす裏ワザとは?

 

弱い点(使えない点)

進化の短所

・これといった武器を持たない点

 
次は短所ですね。

進化の短所は、主に1点で
これといった武器を持たないのが
問題ですね。

能力的にバランスが取れており、
特段、弱点を持っていないのですが、
その分特徴がありません。

キラーなども持っていないですし、
ちょっと物足りないですね。

主な原因は、アビリティが
アンチワープの単アビリティとなっている点
です。

汎用性があるわけでもないですし
持っているキャラも多いです。

他キャラと比べたときに、あえて進化赤穂浪士を使う理由がないんですよね。
せっかく、いい能力を持っているのに
惜しいです笑

あえて他キャラと差別化するならば
友情コンボの斬撃ですかね。

今の所、降臨で手に入る火属性のアンチワープのキャラは
イザナミ、ヴィシャス、ヒュドラ、雲母大佐ですかね。

そのうち、ほとんどがレーザーを持っているため
レーザーバリアに弱いです。

その点に関しては、進化赤穂浪士は斬撃を持っているので
部があると言えるでしょう。

今後、レーザーバリアもりもりのワープクエストが
追加されることに期待しましょう。

神化の短所

・適正のクエストに恵まれていない点
・SSの倍率が低い点

 
神化の短所はまずクエストに
恵まれていない点
ですかね。

アビリティの組み合わせが珍しすぎるため、
その分、適正がほとんど
ありません。

使おうと思っても、どちらかだけを
活かす形になるため、どちらかを捨てることになります。

そしたら、サムライキラーでは百道やリシュリューがいますし
アンチワープもに同じことが言えますね。

珍しさと使いやすさは、
トレードオフですね笑

この点は、プレイヤー側がどうにかできる問題ではないので、運営に任せましょう笑

がっつりハマるクエストが来ない限り
あえて使う理由がないですね。

2つ目の短所としては
SSの倍率が低い点です。

神化赤穂浪士は、乱打SSを持っていますが、
これがちょっとイマイチです。

神化赤穂浪士の乱打倍率は
攻撃力:1倍/乱打:8Hit/追討:1000ダメージですかね。

補足しておくと、これはクィバタと
同じ倍率です。
その上、攻撃力が低いためクィバタよりも威力は劣ります。

キラーが発動することが
前提となる倍率ですかね。

ただし、キラーが乗っても120万前後でしょうが笑

乱打は乱打で、最近は利用価値が出てきていますが
やっぱりダメージが出ないとあまり使えません。

また打った後は危険にさらされるため、考えながら
打ちましょう。

あと、地味にターン数も15と微妙です。
どうせならあと1ターン増やして、倍率を上げて欲しかったですね。

どっちの進化(神化)がオススメ?

・手持ちと好みで決めよう

 
進化と神化の特徴的な部分は、
進化 斬撃
神化 サムライキラー+アンチワープ
ですかね。

現状は特別な使い道がないため、
適当に選んでしまってよいでしょう。

すでにワープを持っているキャラは
十分にいますし、他と差別化するには
運営のクエスト追加が必要になりそうです。

というか最近
アンチワープを持ったキャラ、
増やしすぎじゃないですかね笑

しばらくはワープ中心のクエストが
増えていくことになりそうです。

赤穂浪士の使い道とは?

進化も神化もアンチワープを持っているので、ワープのクエストに連れて行くことになります。

ただし、上でも書いたように
すでにアンチワープを持っているキャラは
多いため、あえて使う理由はありません。

一応挙げるとするならば
徳川慶喜、張角、一寸法師
などですかね。

徳川慶喜に関しては、神化が綺麗に刺さります。
イザナミで十分とか言わないで、使ってみましょう笑

そして、高難易度のクエストには
今の所適正がありません。

アンチワープを持っているので
イザナギに使えなくはない
ですが、
それならば、リリスや徳川慶喜
の方が強いですしね笑

総合評価

進化も神化も現状は、使い道に困りますが
今後は活躍できる可能性も
十分残されています。

進化は斬撃、神化はサムライキラーと
差別化要素がありますしね。

現状、客観的な評価を下すならば、
必要のないキャラと言わざるおえません。

あえてこのような能力を持ったキャラを出したということで
運営の動きに期待しましょう。

昨今のワープの趨勢をみる限り
斬撃が生きるクエストや、
サムライキラーが生きるクエストも追加されることでしょう。

現状は、それほど優先的に育てる必要はなさそうです。

運極にするのはアリ?

・優先順位は低い

 
何度も書くように、現状は
ほとんど使い道がありません。

既存のキャラで十分間に合いますし、
それらと比べて、現状は優れている点がありません。

従って、実用性を重視するならば
作る必要はないでしょう。

コレクション的に作っておくか
今後を見越して、倉庫番として作っておくかですね。

初運極としても、当然オススメはできません。

一応、赤穂浪士から運極を増やしていくことはできますが
選択肢は、広くないので使いやすくはないでしょう。

できるだけ効率を求めて
運極を作っていくならば、赤穂浪士は選ぶべきではありませんね。

1体しか作らないというのであれば、
作ってみてもよいでしょう。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。
 

Sponsored Links
60
Sponsored Links
517→無料でオーブを増やす裏ワザとは?

コメントはコチラ(o^^o)

*

Return Top