モンスト攻略ブログ

Read Article

ハヌマーンのSSは強い?リセマラの評価や使い道

今回は、ハヌマーンについての評価です。

★4-5なので過度な期待はできませんが、
優秀なアビリティを持っているようです。

Sponsored Links
60
Sponsored Links
517→無料でオーブを増やす裏ワザとは?

ハヌマーンのステータス・評価

han1

レア度 ★★★★
属性
種族 幻獣族
ボール 反射
タイプ パワー型
アビリティ 魔封じ
ステータス HP 攻撃力 スピード
LV極(40) 9057 11667 144.23
+上限 (1400) (1125) (14.45)
限界値 10457 12792 158.68
ストライクショット ヒマラヤストライク ターン数:22
ふれた敵すべてに、雷で追い討ち
友情コンボ ロックオン衝撃波 3 最大威力:5303
3発の無属性衝撃波で攻撃

ハヌマーンは光属性の幻獣族
なので、「闇属性」と「幻獣キラー」に注意。

幻獣キラー持ち一覧

現在、幻獣キラーの降臨ボスは少ないので幸いですね。
どちらかというと、ガチャ限の方が多いようです。

そして、ストライクショット(SS)がまさかのメテオ系。
ゼウスやユグドラシル、イザナミと同じ技です。

演出がカッコいいので、個人的には好きな技笑。
…なんですが、やはりはヌマーンは威力が低いので残念。

猿光神 ハヌマーンの使い道(進化合成後)

han2

レア度 ★★★★★
属性
種族 幻獣族
ボール 反射
タイプ パワー型
アビリティ 魔封じL
ステータス HP 攻撃力 スピード
LV極(70) 15515 20652 159.20
+上限 (2460) (3000) (23.80)
限界値 17975 23652 183.00
ストライクショット ファイブモンキーサンダー ターン数:26
ふれた敵すべてに、雷で追い討ち
友情コンボ ロックオン衝撃波 6 最大威力:9281
6発の無属性衝撃波で攻撃

こちらが、進化後のハヌマーン
HPは低め、攻撃力は並み、スピードは激遅です。

平均値と比べると全体的にそこそこですが、
★4-5のキャラとしてはHPと攻撃力がわりと高い方です。

そして、アビリティも魔封じLに強化されました。

魔人、魔族に対して攻撃力2.5倍なので、
タスカン時の攻撃力は23652×2.5=59130までUPします。

ここまで上がってくれると嬉しいですね。
ただ、スピードが遅くカンカンしづらいのが難点ですが。。。
 

Sponsored Links
60
Sponsored Links
517→無料でオーブを増やす裏ワザとは?

 

強い、使える点

ハヌマーンの長所は、まず、攻撃力が高い点。

やはりパワー型なだけあって、
タスカンすれば攻撃力は問題ありません。

それに、★4−5のわりにHPも地味に高いです。
約18000ぐらいあれば許容範囲だと言えます。

そして、アビリティが魔封じL

魔人、魔族の敵には攻撃力が約60000にまで上がるので、
「使い道がほとんど無い」といわれる★4−5の中でも優秀な方です。

最近は、このレア度でもそこそこ使えるキャラが増えて来ており、
今後もこの良い流れが続いてくれるといいですね。

弱い、使えない点

一方、欠点は、スピードが遅過ぎな部分。
タスカンさせても遅いので、基本的に動き難いキャラです。

重力バリアがあると更に動けないので、かなりしんどいですね。

せっかくの魔封じもバリアがあれば効果が落ちるので残念。
やはり、魔人、魔族以外のクエストではお荷物になるので使えません。

そして、友情コンボも使いづらいロックオン衝撃波

全てを当てればそこそこ威力がありますが、
それが難しいので火力がなかなか安定しません。

ストライクショットも、メテオ系で珍しいものの、
威力が低くターン数が長いので過度な期待は禁物。

それにやはり、スピードが遅いので多くの敵を巻き込むのが難しいです。

リセマラすべき?

ハヌマーンは、魔人、魔族相手にはそこそこ活躍してくれるキャラです。
パーティが面子不足の場合は、ハヌマーンを加えてみるのもアリでしょう。

ただ、それ以外では使い道が無く、
★5-6と比較するとやはり劣っている部分が多いので、最初のキャラには向いていません。

スピードと友情コンボがイマイチです。

なので、始めにハヌマーンを入手した場合は、
もう少し使えるキャラが出るまでリセマラをオススメします。
高速リセマラの方法→【Android】

ただ、魔封じ等のキラー持ちは貴重なので、
★4-5の中では当たりのキャラだと言えます。

今後のクエスト次第では、使い道が増える可能性もあります。
なので、旅中のガチャでGETした場合は場面で使っていきたいですね。

それでは、最後までご覧いただき有り難うございました。

コメントはコチラ(o^^o)

*

Return Top