モンスト攻略ブログ

Read Article

馬超(ばちょう)のリセマラ評価!進化後の使い道はある?

今回は、馬超の評価です。

見た目はかなりギャルギャルしく、
ぜんぜん三国志っぽくはありませんが。

さすがモンストです笑。

さて、そんな彼女の
強さを見ていきましょう。

Sponsored Links
60
Sponsored Links
517→無料でオーブを増やす裏ワザとは?

馬超のステータス

bat1出典:mixi.inc

レア度 ★★★★
属性
種族 サムライ
ボール 反射
タイプ バランス型
アビリティ シールドブレイカー
ステータス HP 攻撃力 スピード
LV極(40) 8213 10467 220.93
+上限 (1400) (1025) (22.10)
限界値 9613 11492 243.03
ストライクショット 逆境の一刃 ターン数:12
自身のスピードがアップ
友情コンボ ロックオン毒衝撃波 3 最大威力:3788
3発の毒衝撃波で攻撃

馬超 孟起(進化合成後)

bat2出典:mixi.inc

レア度 ★★★★★
属性
種族 サムライ
ボール 反射
タイプ バランス型
アビリティ シールドブレイカー
アビリティ アンチワープ
ステータス HP 攻撃力 スピード
LV極(70) 14100 11373 257.17
+上限 (2460) (1675) (38.25)
限界値 16560 13048 295.42
ストライクショット 錦馬超の名を刻め ターン数:12
自身のスピードがアップ
友情コンボ ロックオン毒衝撃波 6 最大威力:6629
6発の毒衝撃波で攻撃
進化素材 獣石x30、大獣石x10、紅獣石x5、紅獣玉x1

強い点(使える点)

・シールドを一撃で破壊
・アンチワープ持ち
・雑魚処理し易い毒衝撃波

 

馬超のアビリティは
シールドブレイカーですね。

これがあればあの厄介なシールド
を一撃で破壊することが出来ます。

最近は降臨【究極】にも
ちょいちょいシールドが出てくるので
以外と役立つアビリティだったりもします。

まぁ、中には攻撃力が低過ぎて、
一撃で破壊出来ないシルブレも居ますが笑。

そして、馬超はゲージショットで
アンチワープを発動できます。

ですので、ワープゾーンが多いステージでも、
問題無くシールドを破壊しに行けますね。

友情コンボは毒衝撃波ということで、
敵を毒状態にした後、一定のダメージを与えます。

通常は「1」しか喰らわないサソリ
にも普通に毒ダメージが入るので便利。

また、ロックオンなので必ず敵に当たりますね。
なので、雑魚処理に貢献してくれます。

弱い点(使えない点)

・ダメージウォールに注意
・SSが火力不足
・攻撃力も低め

 

一方、馬超の弱点としては、
ダメウォが多いと動けなくなってしまう部分ですね。

シールドはダメウォを貼ってくる場合が多いので、
それを貼られる前に馬超で破壊する必要があります。

また、ストライクショットは
単なるスピードUPの技ですので、
ダメージ源としてはあまり期待できません。

もっと攻撃力が高ければ
このSSでもダメージを与え易かったんですが、
残念ながらタスカンしても約15000程。

だた、シールドは問題無く
1撃で壊すことができます。

なので、

場合によっては、ボスにSSを使うのではなく、
遠くのシールドを破壊する為に使うのもアリですね。
 

Sponsored Links
60
Sponsored Links
517→無料でオーブを増やす裏ワザとは?

 

総合評価と使い道

馬超はシールドブレイカー且つ、
雑魚処理が得意なモンスターですね。

★4-5にしてはそこそこHPがあるので、
雑魚がキツいステージへ連れて行くのもアリでしょう。

ただ、

強力な一撃を持っていないので
主な使い道としてはサポート役。

ですので、ある程度強いキャラを
持ってる場合は使う場面が少ないですが

そうでない序盤などでは
育てておいて損は無いキャラですね。

リセマラの当たり?

・リセマラがオススメリセマラ10連の方法

 

馬超はあくまで★4-5のモンスターなので、
リセマラには向いていないキャラですね。

火力が低いので、馬超1体でスタートすると
後々必ず詰むことになります。

せっかくオーブを使うのであれば、
もっと強力なモンスターをgetしたいところですね。

初顔合わせボーナスを貯めて、
10連ガチャで★5-6キャラを狙うことをオススメします。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。
 

Sponsored Links
60
Sponsored Links
517→無料でオーブを増やす裏ワザとは?

コメントはコチラ(o^^o)

*

Return Top