モンスト攻略ブログ

Read Article

アンタレスのリセマラ評価!進化後の使い道とは?

今回は、アンタレスの評価です。

★4-5にしては起用に動けるキャラなので、
ゲーム序盤では頼りになりますね。

Sponsored Links
60
Sponsored Links
517→無料でオーブを増やす裏ワザとは?

アンタレスのステータス

ant1出典:mixi.inc

レア度 ★★★★
属性
種族 亜人族
ボール 反射
タイプ バランス型
アビリティ アンチダメージウォール
ステータス HP 攻撃力 スピード
LV極(40) 7878 6428 216.53
+上限 (1400) (625) (21.25)
限界値 9278 7053 237.78
ストライクショット 動き出す隠密ミッション ターン数:12
自身のスピードがアップ
友情コンボ ロックオン毒衝撃波 3 最大威力:3788
3発の毒衝撃波で攻撃

エージェント・アンタレス(進化合成後)

ant2出典:mixi.inc

レア度 ★★★★★
属性
種族 亜人族
ボール 反射
タイプ バランス型
アビリティ アンチダメージウォール
ステータス HP 攻撃力 スピード
LV極(70) 13584 12759 250.87
+上限 (2460) (1875) (37.40)
限界値 16044 14634 288.27
ストライクショット 行け!灼熱コル・スコルピイ ターン数:12
自身のスピードとパワーがアップ&ビットンに大ダメージ
友情コンボ ロックオン毒衝撃波 6 最大威力:6629
6発の毒衝撃波で攻撃
進化素材 獣石x30、大獣石x10、紅獣石x5、紅獣玉x1

強い点(使える点)

・アンチダメージウォール持ち
・毒衝撃波
・ビットン破壊SS

 

アンタレスのアビリティは
アンチダメージウォールですね。

最近は重力バリアが増えてきたので
ADWはそこまで重要ではなくなってきていますが、

やはりダメウォがキツいクエストでは
必須になってくるアビリティですね。

これがあればダメウォを気にせず動けるので、
初心者さんにはオススメのアビリティ。

そして、友情コンボは
敵を毒状態にできる技です。

毒は、ターンが過ぎるたびに
一定のダメージを与えるので

例えば、サソリみたいな「1」しか喰らわない敵でも
毒状態にすれば簡単に倒すことができます。

また、「ロックオン」なので、
必ず敵に命中するのも嬉しい部分ですね。

そして、ストライクショットは
ビットンを簡単に破壊できる技です。

ダメウォやワープを貼ってきたり、
更には移動したりと、最近のビットンは厄介ですが、

それを簡単に破壊、しかも12ターン毎に打てるので、
一度のクエストで2~3回は打つことが可能ですね。

このSSは、ボスの弱点をカンカンしても
それなりのダメージを与えることが出来るので、
場面によってはボスを狙ってみることをオススメします。

弱い点(使えない点)

・攻撃力、スピードが低い

 

一方、アンタレスの短所は、
ステータスがあまりよろしくない部分。

まず、攻撃力が低いので
カンカンでのダメージが稼ぎ難いですし、

スピードも遅いので、
重力バリアが多いステージでは
更に火力が落ちてしまいます。

これらのステータスが低いことで、
せっかくのSSも場面によっては
生かしにくくなってしまいますね。
 

Sponsored Links
60
Sponsored Links
517→無料でオーブを増やす裏ワザとは?

 

総合評価

アンタレスは火力がイマイチですが、
サポートの面では良い仕事をしてくれるキャラです。

やはり、毒衝撃波は雑魚処理し易いので、
地味に使い易い技です。

ビットン破壊SSもターン数が短いので、
コンスタントに打てて良いですね。

ゲーム序盤で入手したのであれば、
パーティに加えてみるのも全然アリですね。

リセマラの当たり?

・主力が他に欲しいところリセマラ10連の方法

 

アンタレスを最初のガチャで
引いた場合はリセマラをオススメします。

もしくは、顔合わせオーブを集めて、
他に主力モンスターを入手するのがオススメです。

というのも、アンタレスはサポート型ですし、
そもそも★4-5のモンスターです。

ゲームが進むにつれ、いずれ倉庫番になるので、
やはり最初のガチャではおすすめできません。

なるべくお金を使わずにプレイをしていくのであれば、
もっと強いキャラでスタートさせることをオススメします。

それでは、最後までご覧いただき有難うございました。
 

Sponsored Links
60
Sponsored Links
517→無料でオーブを増やす裏ワザとは?

コメントはコチラ(o^^o)

*

Return Top